医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

Close Up《未来の医療人をつくる場》

  • closeup201910_02
  • 2019.09.10
  • 自分が関わった生徒たちが社会に貢献できる医師になれるように
  • 七沢 英文 講師(英語科)
    Spire コース長/ Lattice 編集長/面接・小論文対策

     

    YMS の講師陣は、受験教科対策をすればいいというわけにはいかない。医のアートを掲げるということは、講師にはそれ以上の人間力が求められるということ。そして、生徒が希望講師を選ぶ、高校以上に密ともいわれる担任制も、講師の指導力があってこそ有効に機能する。そんな教育的環境で20年以上講師を務めるおふたりに話を伺った。

     

    1年で合格させる、それが講師の目標

    当校に来る生徒たちには「医学部に合格する」という明確な目標があります。それを叶えるサポートをするのが講師の役割であり、講師にも明確に「合格させる」という目標があるのです。「医のアート」も担任制も、まずは合格を目指すためのもの。合格という結果が出なければ、どんな理念も形だけのものになってしまいます。

     

    そのうえで、ただ合格させればいいというわけではないということも事実です。生徒たちの人生は続いていきます。むしろ、そこからが本当に自分の道を歩み出すともいえるかもしれません。
    受験期は長い人生の中で見れば、ほんの数年です。けれどその時期は、吸収力の高い多感な時期、人間形成という意味でも大事な時期です。受験の手段としての学習だけをしているのはもったない時間です。合格が飛躍の始まりになるように、その先の医療という道に続く教育を目指さなければなりません。どうしたって苦しい受験という時期が、その後の大きなステップとなるように、私たち講師陣は生徒と関わっています。
    命を扱う医療人を育てる。短い時間でもそこに関われる喜びと責任は大きなものです。
     

    スポーツのコーチのように見守る

    生徒たちは、やれば必ずできます。それを信じ、勉強そのものを教える前に、いかに本人をやる気にさせるか。どう効率よく勉強させるかを考えています。たとえばみんな、嫌なことはどうしても後回しになってしまう。基礎的で単純な学習や暗記などが一例です。けれど、それらは繰り返しやることで大きな力になる。

     

    だから、目の前で集中してやらせる工夫をします。たとえば、昼休みに自分のところに来てやるように指導する。終わらなければ、授業の後に来てやらせる。積み重ねは非常に大事です。

     

    言われたこと、地道な積み重ねを素直にやる生徒は伸びます。そして、みんな一生懸命にやっています。
    スポーツのコーチと同じで「やっておけ」と言うだけでは難しい。普段の練習から一緒に付き合う。それ以外にも、担任と生徒は週に1度面談するので、授業以外でも常に話をしています。もちろん、質問や相談があればいつでも話せる。それがちょうど良い距離感だと思っています。

     

    受験にはある程度テクニックがあり、それを教えれば確かに手っ取り早いのかもしれません。けれどそれは、私たちの考える「効率の良さ」とは違います。なぜ勉強するのか。どう生きるのか。そういった一見ムダなようなことを一緒に考える。生徒のやる気につながるのなら、そちらのほうが効率がいい。学ぶ意欲を盛り上げ、どんな医療人になりたいかをイメージさせながら、生徒たちと共に目標を目指します。

     


    << 続きは「医歯薬進学(10月号)」でご確認いただけます。 >>

    医歯薬進学は、こちらからご購読いただけます。