医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

学校紹介

  • n_rupo
  • 2019.10.15
  • 北里大学医学部
  • 生涯をかけて立ち向かえば、成し遂げられないことはない。

    北里 柴三郎

     

    優れた教育環境

    北里大学では、2017年に学生や研修医のための施設が充実した臨床教育研究棟(IPE棟)が完成した。ここでは、医療系教育をより充実させることを目的に、大学病院における卒前・卒後臨床教育の整備、医療系学部における臨床教育の充実、多職種横断型臨床教育(チーム医療教育あるいは多職種協働教育IPE : Interprofessional Education)をおもに行っている。この施設には、平日24 時まで開館している図書館や、個人専用の机とカラーボックスを設置した自習室、ロッカー、研修医室、ワークステーションなどが完備されている。
    また、臨床スキルスラボでは、最新のシミュレータが取りそろえており、臨床における手技や態度の訓練が行われている。病院の実習と並行して、本施設でも手技の練習を行っている。
    以上のように北里大学では充実した施設と設備で、在学中だけではなく卒業後も医学の勉強に集中することができる。

     

    kitasato01
    臨床教育研究棟(IPE棟)

     

    独自の教育

    ●器官系別総合教育

    kitasato05

     

    ●チーム医療教育プログラム

    医学部では、1970年の開設当初から、独自の「器官系別総合教育」を実施、人体を臓器別に分け、疾患を総合的に捉え、診断から治療に至るまでを系統的に分析し、対処する能力を養成している。
    2年次後期から4年次前期の2年間で、基礎医学科目の各論の内容を器官系ごとに再編成し、臨床医学的な視点を加えて学習。基礎医学から臨床医学への理解を着実に深め、4年次後期からの臨床実習に向けた基礎づくりの役割を担っている。
    また、質の高い医療の提供に不可欠なチーム医療の構成員として、自身の専門性を活かし、積極的に医療に参画できるよう、医療の流れ、医療の構成員、チーム医療に関する基本的知識、技能、態度を修得する。4病院+大学・専門学校を擁する北里大学だからこそ可能な教育体制といえよう。

     

    kitasato02
    オール北里チーム医療演習

     

    人間力を高める

    ●国際学術交流協定校

    これに加え、北里大学医学部では「人間力を高める教育」にも力を入れている。
    まず国際学術交流。将来医療分野での活躍を目指す学生にとって、世界という枠の中で日本の医療を捉え、グローバルな視点を持つことはとても大切なこと。このため海外の医学教育に触れる機会として、6年次に海外実習の参加要件を満たした学生は、クリニカルクラークシップのひとつとして、最長9週間の海外実習を選択することができる。

     

    ●早期体験学習

    また、1・2年次の早期体験学習では、未来の医師としてふさわしい態度や思考を身につけるため、多職種・他職種の仕事を学ぶ。

    kitasato06
    実習先(保育園)

     

    ●医学原論演習

    さらに、1年次の夏休みに行われるのが医学原論演習。学生は「北海道八雲牧場(獣医学部附属施設)」または「熊本県小国町の農村(学祖の故郷)」で3泊4日を共に過ごし、命と健康を学び、地域医療に思いを馳せる。

    kitasato07
    小国町農村実習(熊本県阿蘇郡小国町)

     

    地域医療・予防医学に取り組む

    地域医療の面では、超高齢社会の進行を見据え、地域特性による医師不足・偏在等の課題解決のため、学校法人北里研究所と相模原市、関係医療機関が協力・連携し、相模原市に在する貴重な医療分野資源を活用している。
    また、「医師修学資金貸付事業」と「寄附講座開設事業」の2手法のシステム化による総合診療医の育成を図っている。
    衛生学と公衆衛生学は、疾病の治療を目的とする臨床医学と違い、疾病予防を目的とし、かつ健康の保持増進を図る学問分野である。そこで、広範囲にわたる分野を、医師国家試験の範囲について網羅、予防医学上の課題を自らとらえ解決していくことができる医師の養成を目指している。
    このほか、地域の行政機関との連携、予防医学の調査研究を社会に還元する調査研究活動、産業医実習なども実施している。 

    kitasato08
    産業医実習

     

    ■相模原市修学資金

    相模原市修学資金枠 : 募集人員/2名(予定)(出願時に選択)

    相模原市修学資金枠は将来、相模原市の総合診療医、又は総合内科医として医師の業務に従事しようとする意思がある者を対象に「相模原市地域医療医師修学資金貸付制度」により修学資金の貸与を受ける者を選抜します。採用された者は、医師免許取得後、一定期間、相模原市内の指定医療機関に勤務することが返還免除の要件となります。試験は、第2次試験の通常の面接に加えて、修学資金制度の適用を受けるための面接を実施します。

    本学出願とあわせて相模原市に出願書類を提出してください。
    相模原市への応募期間
    2019年12月17日(火)~ 2020年1月20日(月)必着

    ■お問い合わせ先:相模原市地域医療課医療政策担当
    TEL 042-769-9230

     

    4つの大学附属病院

    kitasato09
    北里大学病院

     

    総病床数1033床を有する北里大学病院は、その診療規模、設備ともに日本でも有数の医療体制を誇る特定機能病院である。1971年の開院以来、「患者さん中心の医療」を基本方針として、高度で先進的な医療を提供するとともに、地域の基幹病院として、神奈川県北部、県央地域の人たちから厚い信頼を得ている。
    また、北里大学は多くの医療専門職の養成を行っている。そのため、北里大学病院の大きな特徴である「チーム医療」を推進し、個々の患者さんに最善の医療を提供できる環境の整備に日々努めている。
    この北里大学病院に加え、北里大学東病院、北里大学北里研究所病院、北里大学メディカルセンターと、北里大学は4つの附属病院を擁しているのだから、患者さんはもとより、ここで学ぶことができる学生たちにとっても、何とも頼もしい限りと言えるだろう。

     

    kitasato010

     

    問合せ先:北里大学入学センター
    〒252-0373 神奈川県相模原市南区北里1-15-1
    TEL:042-778-9760(直通)
    ホームページアドレス:http://www.kitasato-u.ac.jp/
    モバイルサイト:http://www.kitasato-u.ac.jp/m/