医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

学校紹介

  • school1805_01
  • 2018.04.16
  • 日本歯科大学
  • “100 年を超える伝統と実績”
    “世界最大の歯科大学”
    “歯科界のフロントランナー”

    日本歯科大学生命歯学部

    school1805_02
     

    我が国の“歯科界の源流”

    日本歯科大学は、中原市五郎によって、明治40(1907)年6月、公私立歯科医学校指定規則に基づくわが国最初の歯科医学校として創立された。

    当時、歯科医療は黎明期にあり、「学・技両全にして人格高尚なる歯科医師の養成」を建学の目的として、歯・顎・口腔の医学を教導し、学・術・道を兼ね備えた歯科医師を輩出し、歯科医学の進展、歯科医療の向上、患者国民の福祉に尽力しようとスタートしたのである。

    以来、私学として創立者の「自主独立」という建学の精神を継承し、平成18(2006)年には創立百周年を迎えている。今日まで百年以上におよぶ歴史と伝統は、日本歯科大学がわが国の〝歯科界の源流〟といわれる由縁である。

    現在、日本歯科大学は、歯科医学の総合的大学として、東京と新潟の両キャンパスに、二つの歯学部、二つの大学院、三つの附属病院、二つの短期大学、および博物館を擁し、学生総数約2000名、専任教職員約1000名、卒業生総数は20,000名以上を数える、世界最大規模の歯科大学である。

    伝統と実績を誇る名門校でありながら、常に新機軸を打ち出すことも忘れず、平成18年、学部等の名称を「生命歯学部」「新潟生命歯学部」に、それぞれ変更した。

    これは、歯科医学は生命体を学ぶ学問であり、歯科医療は生命体への医行為であることから、生命科学のレベルに相応しいネーミングとして、〝生命〟という二字を冠したのである。これによって、歯科学生と歯科医師の意識を改革し、患者国民の歯科に対するイメージを一新することを期しているのだ。

    フロントランナーとして投じたこの一石が、歯科界はじめ患者国民の意識革命を促すものと注目を集めている。

    それでは、「生命歯学部」「新潟生命歯学部」について、それぞれ見てみることにしよう。
     

    生命歯学部

    school1805_03
     
    日本歯科大学生命歯学部は、東京の都心、外濠の内側に位置している。周辺には下町情緒あふれる神楽坂、春には桜が美しい千鳥ヶ淵、古書店の林立する神田神保町、東京ドームシティなどがあり、勉学の合い間にちょっと散策するのも楽しい。

    キャンパスはJR飯田橋駅から徒歩数分、附属病院はすぐ目の前だ。

    日本歯科大学附属病院は、明治40年、「共立歯科医学校附属医院」として開設されて以来の歴史を引き継ぎ、幾多の変遷を経て、昭和62年、現在地に完成した。

    総合診療科、小児歯科、矯正歯科、口腔外科、歯科麻酔・全身管理科、口腔インプラント診療科、歯科放射線・口腔病理診断科、口腔リハビリテーション科と内科、外科を有し、診療センターとして、心療歯科、顎関節症、口腔がん、顎変形症、ハイリスク、歯科人間ドック、いびき・睡眠時無呼吸の各分野があり、入院治療のための病棟も設け、総合的な医療施設の役割を果たしている。

    病院の特色としては、患者さんの診療と同時に、次の世代の歯科医を育てるための教育を行う広範囲にわたる多目的病院であるため、学生は臨床実習カリキュラムの一環として同病院において実地の研修を行うという、独自の教育システムがとり入れられている点にある。
     

    日本歯科大学生命歯学部 日本歯科大学大学院生命歯学研究科 問い合わせ先

    〒102−8159 東京都千代田区富士見1−9−20
    ●飯田橋駅下車(JR 総武線、東京メトロ有楽町線・東西線・南北線・都営大江戸線)
    ●九段下駅下車(東京メトロ東西線・半蔵門線・都営新宿線)
    TEL 03−3261−8400 (ダイヤルイン)
    http://www.ndu.ac.jp

    日本歯科大学新潟生命歯学部

    school1805_04
     
    この病院は、平成19(2007)年、日本医療機能評価機構の認定を受けている。歯科病院として認定されているのはわずか3か所のみという高い評価だ。

    また、平成24年10月に東小金井駅前に口腔リハビリテーション多摩クリニックを開院した。

    学生生活の面では、生命歯学部の学園祭「富士見祭」が、毎年10月に開催される。各クラブの模擬店や、クラブ対抗イベント、また、学生によるライブ演奏などが行われ、にぎやかで楽しいひと時を過ごす。学園祭に来てくれた方々を対象とした無料歯科検診も好評だ。
     

    新潟生命歯学部

    school1805_05
     
    一方、日本歯科大学新潟生命歯学部は、人口80万人を超える本州日本海側最大の都市・新潟市にある。

    大型ショッピングビルが建ち並ぶ万代エリアや、昔ながらの風情あふれるお店が残る古町エリアなど、プライベートでも充実した生活を送れそうな環境だ。

    すぐ後ろが日本海という浜浦町の素晴らしいキャンパスには、本館、1〜5号館、新潟病院、医科病院、先端研究センター、医の博物館、新潟短期大学、その他各種施設が建ち並んでいる。

    新潟病院は、総合診療科、口腔外科、歯科麻酔・全身管理科、矯正歯科、小児歯科、放射線科、口腔インプラント科、訪問歯科口腔ケア科の他、診療センターとして、障害児・者歯科、睡眠歯科、口腔ケア、さらに特殊外来として、白い歯、特殊歯周病治療、スポーツ歯科、いき息さわやか、あごの関節・歯ぎしり、口のかわき治療、歯科アレルギー治療、歯科鎮静リラックス、顎のかたち・咬み合わせなどがあり、歯・顎・口腔の総合的な医療施設としての役割を担うとともに、入院治療のための病床50床を設備している。また、長年にわたり在宅歯科往診ケアを実践するなど、地域医療の一翼も担っている。

    この病院に加え、新潟生命歯学部には医科病院も設置されている。

    医科病院は、病床50床、消化器内科、消化器外科、耳鼻咽喉科を擁し、ここでは、歯科医学と医学の融合を図るため、一般医学の講義はもちろん、医科研修も行っている。これは、他の歯科大学には見られない大きな特
    色の一つといえよう。

    二つの病院の他、新潟キャンパスにあってユニークなのが、「医の博物館」。「医の博物館」は、日本で初めて開設された公的な医学博物館だ。15世紀から現在に至る東西の古医書、医療器械器具、その他記録類などを一般公開している。

    なかでも、『解体新書』の原本や、房楊枝を使って歯磨きをする江戸時代の浮世絵など、普段目にしない珍しい資料が多く、興味が尽きない博物館である。

    姉妹館として、パリのピエール・フォシャール博物館、アメリカのハートフォード医学・歯科医学歴史博物館、中国の中国口腔医学博物館がある。

    学生生活では、毎年6月に浜浦祭が開催される。

    新潟短期大学の学生も参加し、キャンパスには模擬店が並び、特設ステージでは各種イベントが行われる。歯科大学ならではの無料歯科相談や公開講座もあり、近隣の人たちも気軽に来校、学生、教職員を含めた交流の場にもなっている。
     

    新潟生命歯学部 大学院新潟生命歯学研究科 問い合わせ先

    〒951−8580 新潟県新潟市中央区浜浦町1−8
    ●新潟駅から新潟交通 ・バス西・東循環で約25分
    ・浜浦町1丁目下車 徒歩1分
    ●JR越後線関屋駅から徒歩10分
    ●JR新潟駅から車で約25 分
    TEL 025−211−8143 (ダイヤルイン)
    http://www.ngt.ndu.ac.jp
     
    school1805_06
     


    << 続きは「医歯薬進学(5月合併号)」でご確認いただけます。 >>

    医歯薬進学は、こちらからご購読いただけます。