医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

ピックアップ

  • グラビア2-大村01
  • 2018.11.22
  • 三つの専門分野を視界に収め、アカデミア発の研究成果の実用化を目指す 心やさしき「橋渡し役」
  • 尽きせぬ興味の先にキャリアを積み重ねて

    慶應義塾大学医学部 特任助教
    大村 光代(医学博士、MBA、薬剤師)

     

    薬学部出身の薬剤師でありながら、MBAを取得。バイオベンチャーの立ち上げに参画 したのを契機に、今度は基礎研究に興味を覚え、40代半ばで慶應義塾大学医学部の門を叩き、大学院博士課程へ進学。「キャリアに年齢は関係ない!」と、明るく喝破する大村先生に、これまでの軌跡と、いま取り組んでおられる課題について伺いました。
    *アカデミア…大学などの教育研究機関や、学問上の組織体を表す言葉

     

    学生時代に目指したのはクリニカルファーマシスト

    ー薬学部を受験した理由を教えてください。

    国際基督教大学の近くで育ったので、子どものころから英語に触れる機会がありました。両親としては、ピアノの先生か英語の先生のような仕事に就いてほしいという希望があったのだと思います。ところが高校生になって、私は文系より理系のほうが得意だと気づいたんです。
    実は薬学部だけでなく理学部も受験したの ですが、最終的に薬学部を選んだのは薬剤師の資格がとれて、長く働けると思ったからです。父方の祖父の家が薬局を経営していたのですが、祖父は次男であったため家業を継げなかったようなので、その祖父の意志を継ぎたいと心のどこかで思っていたのかもしれません。

     

    ーそれで薬科大学に入学されたんですね。卒業後の進路はどう考えていましたか?

    映画か雑誌かなにかで見たんだと思うのですが、アメリカでは医師と薬剤師が一緒にチ ームとして働いているということを知りました。今でいう*クリニカルファーマシーのようなスタイルですね。そのような仕事がしたいと思ったのですが、どこで働けばいいのか、そもそもそんな仕事があるのかどうかもわからないまま、卒業が近づいてしまいました。
    たまたま慶應義塾大学病院の整形外科の医局で研究助手を募集していたので、病院なら自分の求める仕事があるかもしれないと思い、助手になりました。でも実際に働いてみると、 私が思い描いていたような仕事は存在してい ませんでした。そこで大学時代に培った漢方薬の知識を生かそうと津村順天堂(現・株式 会社ツムラ)に転職し、OTC漢方薬の営業部に所属して薬局薬剤師への漢方薬の教育や販売促進の企画などに携わる仕事に就きまし た。ツムラでは本社の管理薬剤師も兼ねて、5年半ほど在籍しました。
    学ぶことも多かったのですが、だんだん「このまま一生ここで働くのだろうか…」と思い始め、悩みながら働いていたある日、職場の先輩たちとの酒席で「君は何のために薬剤師になったの?」と聞かれたのです。さらに、「世界で薬がどのように開発され、どのように世の中の役に立っているか、知りたくないか?」とも。頭をガツンとやられたような気分でした。
    もっと外に出ていかなければダメ、外資系の企業にチャレンジしなさいと先輩に後押しされ、私もその気になって、ドイツに本社のある製薬会社、メルクジャパン株式会社(現在のメルク株式会社)に転職することにしました。


    << 続きは「医歯薬進学(12月号)」でご確認いただけます。 >>

    医歯薬進学は、こちらからご購読いただけます。