医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

ピックアップ

  • 1804 グラビア2_大澤先生 v1140 石.indd
  • 2018.03.13
  • 子どもたちやその親との コミュニケーションを重視。 小児歯科に注力する若き歯科医師
  • 「歯医者は行きたくないところ」という固定観念を破りたい

    大澤歯科医院 大澤 多恵子(歯学博士)

     

    父と姉が歯科医師という環境で育った大澤多恵子さんは、神奈川歯科大学を卒業後、附属の横浜クリニック・横浜研修センターに勤務。その後、実家のある群馬県の歯科医院で主に子どもたちの診療に励みながら、母校で特任講師を務めています。女性医師の強みを生かして患者との信頼関係を築き、治療にあたりたいという若き歯科医師に、お話を伺いました。

     

    地道に続けた試験勉強

    ー歯科医師という職業にはいつ頃から興味を持たれましたか。

     父が歯科医師なものですから、小さい頃から診療所で遊んだりして父の仕事ぶりは見ていました。でも当時はあまり興味はありませんでした。歯科医師という仕事を意識したのは高校生ぐらいになってからですね。
     

    ー高校は理系に進まれたそうですが、それは将来、医学系の大学へ進むことを意識して
    のことでしょうか。

     そこまでは考えていませんでした。中高一貫校に通っていて、中学の頃から文系と理系で言えば、数学が得意で、理系のほうが好きでした。その流れで高校も自然に理系に進もうと。
     
     具体的に医療系の大学へ行こうと決めたのは、大学受験のことを考え始めた高校2年生のときです。
     

    ーお父様に歯科医師になるよう勧められましたか。

      いいえ、それはありませんでした。私の家は三姉妹で、一番上の姉がすでに歯科医師になっていたこともあり、自由にやらせてくれたと思います。ただ受験の際に、医師を目指すか、歯科医師を目指すかについてはかなり話し合いました。父は医師になってほしかったようですが、私の学力では推薦入学を狙うには少し難しいかな…ということで、現実的な選択という意味で、歯科大を目指すことになりました。
     

    ー大学へは推薦入学で進まれたのですね。

     はい。まず推薦で一つは合格する大学を決めておきたいと考えました。その目標は達成できましたが、最初から推薦入学だけを目指していたわけではありません。一般入試も受けるつもりでしたので、普段の勉強をこつこつと地道に続けていました。推薦を受けるにしても、すべての科目がまんべんなくできないと評定は上がりません。普段の勉強をマメにやっていくことが大事なのです。
     

    ー推薦入試の科目は何がありましたか。

     基礎学力試験というペーパーテストと小論文、それに面接がありました。基礎学力試験はわりあい簡単な内容だったのですが、逆に言えば、必ず正解しなければならない、一つも間違えられないという意味で、プレッシャーは感じましたね。
     

    ー大学受験について、大変だったという記憶や思い出はありますか。

     高校1年のときから塾に通っていて、3年の夏休みに夏期講習を受けたりはしましたが、普段から地道に勉強をしていたので、受験勉強が苦しかったという記憶はあまりありません。ただ、高校が家から遠くて、通学に片道1時間以上かかるんです…それがつらかったと言えばつらかったですね。
     


    << 続きは「医歯薬進学(4月号)」でご確認いただけます。 >>

    医歯薬進学は、こちらからご購読いただけます。