医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

東京歯科大学

〒100-0061 千代田区三崎町2-9-18

概要

口の中だけに留まらず全身との関係で歯科医療を捉えることをめざし、教養科目、基礎・臨床の専門科目が連携をとった多面的・総合的な授業を行っている。また、高度な知識・技術だけでなく、良き医療人としての態度を身につけるコミュニケーション教育(態度教育)に力を入れている。各年次において患者体験、誘導実習、コミュニケーション技法実習、介護施設実習、医療面接実習などの体験学習を行い、各学年のレベルに応じた段階的・継続的なコミュニケーション教育を実現している。  臨床実習は附属3病院で診療参加型で行われ、各科をローテイトしながら診療に実際を学んでいく。

教育の特色

高山歯科医学院として1890年に創設され、以来120余年にわたって社会の要請に応え、歯科医学の発展に尽力しつつ前進してきた。授業は講義と実習からなり、特に実習においては、学生対教員の比が平均8対1という密度の高い教育が実践され、大きな特徴となっている。すべてに完璧を期すために随所に見られるヒューマン教育の姿、斬界髄一の層の厚みを誇る教員陣容、患者の症例に対して学生と指導教員とが一体となってのマンツーマン指導等、伝統に築かれた本学ならではの教育が特色といえる。  歯科医学の知識と技能を確実に修得するために各科目の講義・実習で学習する内容を統合し基礎系・臨床系科目を関連づけて横断的に理解する統合型科目を積極的に導入。実際の治療技術を学ぶ臨床基礎実習では、コンピュータ支援によるシミュレーションシステムを採用している。平成22年に創立120周年を迎え、記念事業として大学中枢機能の東京・水道橋キャンパスの移転が進行中だ。2012年4月から水道橋さいかち坂校舎への移転が開始され、2013年4月には水道橋本館校舎、9月には水道橋新館校舎が完成し、水道橋キャンパスへの移転が完了する。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school