医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

岡山大学

〒700-8525 岡山市北区鹿田町2-5-1

概要

歯学部では、高度な医療福祉の担い手となりうる歯科医師、先端的な歯科医療の研究開発を担う研究者の養成をめざしている。教育課程は6年一貫制で、歯科医療に必要な臨床科目とその礎となる基礎科目を中心に、歯科医師に必要な知識と歯科医療技術の修得をめざしている。さらにチュートリアルと呼ばれる少人数制の能動的自己学習教育プログラムを取り入れ、1年次では問題発見・解決能力の修得、3年次では自己学習法の修得と向上、5年次ではEvidence-based Medicineの臨床歯科医学への利用法の理解により歯科医師としての判断能力を身につけることを目的とした能動的自己学習教育法を取り入れている。また、ODAPUSプログラムという短期留学制度と各研究室に配属されての自由研究演習もある。

教育の特色

総合大学の特性を生かして良き歯科医療人を育成し、歯科医学を研究・発展させることを目的としている。患者を診るには病気の予防・治療に関する多くの知識と優れた技術、さらに倫理観と豊かな人間性が必要で、生体の本質を究明するためには科学的な知識や論理的な思考に基づく洞察力が必要になる。  教育課程の前半は、主として深い教養、豊かな人間性、厳しい倫理観など人間形成の教育並びに早期見学学習、身障施設の見学実習、歯学概論などを通して医療人としての心の育成を行う。また、この時期には人体、特に口腔系の構造・機能、病的状態、その原因、薬剤、歯科医療材料など基礎科目の講義・実習があり、自由研究演習など様々に工夫された科目が用意されている。後半はムシ歯、歯槽膿漏、歯並び、口の癌などの診断・治療や失われた口腔機能の回復だけでなく、積極的に予防、あるいは小児の口腔の発育・成長を管理するなどの専門科目の講義・実習を受けると同時に、内科学、外科学、整形外科学、小児科学など一般医学の科目も医学部の先生から教授される。臨床科目をすべて修得した後、5年次から6年次にかけて患者と接触を持つ臨床実習が行われる。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school