医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

鶴見大学

〒230-8501 横浜市鶴見区鶴見2-1-3

概要

6年一貫教育を行っている。1年次は倫理学、物理学、基礎化学、細胞生物学などの一般教育科目のほか、将来医療に携わる者としての大切な心得を学ぶ医療人間科学や、情報リテラシーなどの科目が開講されているが、特色としては特別研修を伴う医療人間科学で、歯科医師としての倫理観や自覚、モチベーションを高めると同時に、少人数ディスカッションで問題解決力を養う。2年次には解剖学、生理学、生化学、病理学、口腔微生物学、薬理学、歯科理工学などの基礎歯科医学が始まる。そのなかで最も基礎となるのが人体解剖実習で、篤志解剖献体の会である紫雲会の活動に支えられて効果的な実習が2年次後期に行われる。3年次から4年次にかけて歯科保存学、歯科補綴学、口腔外科学、歯科麻酔学、歯科矯正学、歯科放射線学、小児歯科学、高齢者歯科学など臨床歯科医学の理論や模型による実技を学んだのちに、5年次から6年次にかけて実際に附属病院で診療参加型の臨床実習が行われる。そして6年次後期には総合歯科医学の講義で6年間の総まとめを行い、国家試験に備える。

教育の特色

建学の精神は「大覚円成 報恩行持」で、この建学の精神に基づき、深い教養と良識を備えた信頼される優れた歯科医師の育成を使命としている。  カリキュラムをみると、1年次は、一般教育科目を中心に学ぶ。2年次の前期には骨学、組織学、神経の生理学、一般生化学、歯科薬理学など基礎医学の講義が中心となり、後期にはそれらの基礎医学の実習が始まる。3年次は2年次に引き続き口腔病理学、口腔生化学、口腔細菌学、歯科薬理学などの基礎医学実習も始まる。そして後期には歯科臨床科目の講義が始まり、臨床基礎実習室内で補綴学や保存学の実習を行う。4年次は、歯科臨床科目の講義や臨床基礎実習が中心で、合わせて隣接医学の内科学、外科学、耳鼻咽喉科学、眼科学、皮膚科学、統合科目の有病者・障害者歯科学、救命救急歯科学、社会歯科学なども履修する。5年次は臨床基礎実習を踏まえて、附属病院での臨床実習が行われる。診療参加型実習で実際に患者を担当するほか、難易度の高い外科手術などは見学実習で学修していく。6年次は総合歯科医学の講義で6年間の成果をまとめる。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school