医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

防衛医科大学校

〒359-8513 所沢市並木3-2

概要

防衛医科大学校は、人格・識見ともに優れ、かつ高い総合臨床医としての能力を身につけた「医師たる幹部自衛官」を育成することを目標に1973年に創設された。卒業に引き続き約6週間の陸上・海上・航空幹部候補生学校での教育訓練課程を修了し、医師国家試験医合格すると2尉に任官され、その後の臨床研修を経て自衛隊員の健康を守るための医師として、同時に幹部自衛官として部下を統括する役割も担うことになる。より高度の医学研究を希望する医官には、専門研修後4年間の医学研究科(一般大学の大学院博士課程に相当)も用意されている。教育課程は1年次から2年次にわたる進学課程、1年次後半から6年次までの専門課程、1年次から6年次までの訓練課程により構成されている。専門課程は臓器別等の授業科目で構成され、基礎医学(解剖学、生理学、薬理学、病理学等)と臨床医学(内科学、外科学、小児科学、放射線医学等)を有機的に統合させた形の講義、実習及び病院実習を通じて、医師として必要な専門知識や診断法などを効率よく修得できるよう配慮している。病院実習は4年次後半から6年次までの間、「内科系臨床実習」及び「外科系臨床実習」としてBed Side Learningを中心に臨床教育が行われる。訓練課程は、幹部自衛官として必要な基礎的資質及び技能を育成することを目的として、訓育、基本教練及び部隊実習を本校並びに陸上、海上及び航空自衛隊の各部隊等において春、夏、冬に分けて行っている。学生の身分は防衛省職員(特別職国家公務員)で、全寮制のもと団体生活の体験を通じて人格を陶冶し、協調性を養わせているのが特色である。

教育の特色

防衛医科大学校は「医師たる幹部自衛官」を育成することを目標に1973年に創設された。卒業に引き続き約6週間の陸上・海上・航空幹部候補生学校での教育訓練課程を修了し、医師国家試験に合格すると2尉に任官され、その後の臨床研修を経て自衛隊員の健康を守るための医師として、同時に幹部自衛官として部下を統括する役割も担うことになる。  教育課程は1年次から2年次にわたる進学課程、1年次後半から6年次までの専門課程、1年次から6年次までの訓練課程により構成されている。  進学課程は、一般教育(人文、社会、総合)、外国語、保健体育及び基礎教育の各科目に区分されている。  専門課程においては、173単位の医学に関する専門教育を修得することになっている。開設されている講座は、基礎医学に再生発生学、解剖学、生理学、生化学、薬理学、病態病理学、免疫・微生物学、衛生学公衆衛生学、国際感染症学、法医学、医用工学、分子生体制御学、防衛医学の103講座、臨床医学に内科学、精神科学、小児科学、外科学、脳神経外科学、整形外科学、皮膚科学、泌尿器科学、眼科学、耳鼻咽喉科学、産科婦人科学、放射線医学、麻酔学、臨床検査医学の14講座。  訓練課程は幹部自衛官として必要な基礎的資質及び技能を育成することを目的とし、訓育、基本教練(徒歩教練、体育一般、水泳、スキー、教育法)及び部隊実習を本校並びに北海道から沖縄に至る陸上、海上及び航空自衛隊の各部隊等において春、夏、冬に分けて行う。  学生の身分は、防衛省職員(特別職国家公務員)であり被服、食事等は、すべて貸与又は支給される。在校中は、毎月所定の学生手当が支給されるほか年2回の期末手当が支給される。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school