医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

福井大学

〒910-1193 吉田郡永平寺町松岡下合月23-3

概要

医学に関わる学問領域は急速に発展し、その知識量は膨大になり、求められることも多様化しているために、医学準備教育、臨床前医学教育、臨床医学教育を一連のものとして修得する6年一貫教育を導入。1年次に医学準備教育、2年次から3年次前期には臨床前医学教育として生命科学の基本的知識・疾患の原因・機序、人体の構造・機能、3年次後期から4年次には人体の生理的変化・病態・診断、症状から診断する基本的診療知識・技能・態度を学ぶ。コアカリキュラムに準拠した統合型カリキュラムを取り入れ、チュートリアル教育などにより自ら問題を提起し、探究、解決する能力を身につける。5年次から6年次前期に行うクリニカル・クラークシップ(臨床実習)では学外での臨床実習も数多く取り入れている。それぞれの領域を有機的に連携させるために全教員参加の授業配置や病棟看護体験実習(1年次)、最新の医療を学ぶアドバンストコースなど効率的かつ効果的に学習できる。看護学科との合同講義「コミュニケーションとチーム医療」も開講している。

教育の特色

基礎医学は2年次の前期から始まる。具体的にはヒトをはじめ動物の生体物質(生化学)、細胞と組織(解剖学)、動物の調節機構(生理学)、個体発生(解剖学)など正常な形態と機能を学び、顕微鏡実習でヒトと動物の身体の組織構成を観察する。後期になると病変を扱う病理学などが統合型教科の中で始まるほか、人体解剖実習と脳実習が始まる。3年次には薬理学、放射線基礎医学、環境保健学、法医学など臨床と関連性の強い科目を学ぶ。後になるほど臓器別臨床医学の中に基礎医学系の一部が入り込み、徐々に臨床医学の密度がふえる仕組みになっている。また、研究の現場に直接触れて学ぶ講座配属も経験する。共用試験に合格すると病院実習の課程に入る。臓器別、あるいは臨床医学の科別に附属病院の病棟、外来、学外の市中病院、特色ある診療所などを訪問して現場の雰囲気を肌で感じながらの実習に臨み、医学的知識は当然のことながら実際の医療を直に体験する。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school