医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

鹿児島大学

〒890-8544 鹿児島市桜ケ丘8-35-1

概要

医学部では病める人の立場に立って行動のできる人間性豊かな医療人の養成を行うとともに、病気の診断、治療などについて独創的な研究を行うことのできる研究者の養成が目的。特に、鹿児島という地域が持つさまざまな特性を認識して地域特有の問題にも取り組み、地域の人々に貢献できる医療人の養成を行い、医学・医療の新しい分野を開拓する旺盛な研究心を持ち、国際的な視野に立った判断力と行動力を身につけ、生涯学習を続けることのできる医療人の養成をめざしている。医学科では6年間にわたって社会人としてふさわしい教養を身につけながら、国際社会で活躍できる医師をめざし、必要な知識、技術、倫理観を学ぶ。学ぶ内容には体の構造と働き、病気のメカニズム、患者を診療する手技、病気の診断法や治療方針、健康に影響を及ぼす環境要因、再生医療、保健衛生行政などがある。

教育の特色

医学科の目的は、全人的医療を実践しうる医療人の育成と独創的研究を行える研究者、優れた医学教育者の養成にある。学生が自ら考え、体験的に自主的に学ぶことが大切だと考え、問題解決型の授業(テュートリアル教育)を専門科目で導入したり、1年次での救急車同乗実習、看護実習を始め数多くの実習に授業時間を割き、一方的な講義は最小限に抑えた教育課程を組んでいる。  2年次後期から4年次にかけて学ぶ基礎臨床統合カリキュラムでは、人体の形態と機能、病気の病態や治療、健康の回復などを特定の専門領域に偏らず総合的に、しかも関連する様々の分野について統合的に学ぶことになる。この期間、問題解決型授業であるテュートリアル教育を一部に導入。さらに医の倫理や人間学などで倫理観を持ち、常に病める人の立場に立って考えることを学ぶ。5年次から臨床実習が始まる。この実習はこれまで学んできた内科学や外科学を始めとする臨床科目について、実際に大学病院の外来や病棟、手術室などで患者に接し、さまざまな病気の症状や診断法、治療法を学ぶため、少人数のグループに分かれて各科を1~3週間かけて回り学習する。6年次になるとクリニカル・クラークシップ(自己参加型の臨床実習)が始まり、自分でさらに実習・勉強したい科を3科選択して、各科1か月ずつ、患者の診察や検査、治療の一部に医療チームの一員として参加する。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school