医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

川崎医科大学

〒701-0192 倉敷市松島577

概要

良医を育成するためには普遍的な知識の修得とともに、時代の要請に沿った教養が求められ、特に近年は倫理、情報といった分野においてはその必要性が顕著になっている。そこで、こういった側面に対応できるカリキュラムを編成しつつ、基礎医学と臨床医学の統合講義を低学年から導入し、医学医療の横断的知識の修得等、良医育成に向けたカリキュラムを編成している。特に「人間をつくる」面では、医学概論などの講義(医の原則)のほか、一般教養を修得するためのリベラルアーツ選択科目、低学年次における体験学習としての病院見学実習(臨床実習Ⅱ)、「体をつくる」面では体育、「医学をきわめる」面では統合講義及び実習が系統的に行われている。早期体験学習は2年次に附属病院の各診療科で見学実習を行い、医療現場を早期に体験実習する。5年次には本格的な臨床実習、6年次には選択制クリニカルクラークシップが行われ、実際の患者と接することで患者の特徴を肌で感じ取り、検査・診断・治療に至る過程を順序立てて考える。

教育の特色

昭和45年に開設され、「人間をつくる、体をつくる、医学をきわめる」という基本理念をを掲げている。1年次に義務づけられている全寮制度は、この大学の基本方針実現のためにとられたもので、一般大学のいわゆる学生寮(自治寮)とは根本的にその性格を異にした“教育の場”となっている。  良医を育成するためには普遍的な知識の修得とともに、次代の要請に沿った教養が求められることから、臨床教育の一部に統合講義(ブロック講義)を導入して,臨床面の横断的知識の修得等、良医の育成に向けた独自のカリキュラムを編成している。医の原則では医学概論、法学の講義とワークショップを通して医師を志向する動機の確認と強化を目的に履修する。早期体験学習は1年次に附属病院の各診療科、2年次に外部医療施設で見学実習を行い、医療現場を早期に実体験する。基礎総合演習は症例ベースの課題をもとに疾患のメカニズムの基礎医学的知見について、自己学習、グループ学習、プレゼンテーションなどの実践法とそのノウハウを修得する。3年次・4年次は臨床実習に必要な知識を身につける目的で臓器別ブロック講義が行われ、5年次には本格的な臨床実習が行われる。講義を通じて学んできた知識をもとに実際の患者と接することで検査・診断・治療に至る過程を順序だてて考え、自ら進んで学ぶ貴重な時間となっている。  附属病院は1,182床の地域基幹病院として、「24時間いつでも診療を行う」を標榜し、「医療は患者のためにある」を基本理念としている。ドクターヘリを有し、岡山県内はもとより広島県東部、瀬戸内の島々をカバー。最新の検査および医療機器を設備している。現代医学教育博物館は、豊富な実物標本と視聴覚教材とによって最新の医学全域にわたり、学生が自学自習するために設置された。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school