医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

近畿大学

〒589-8511 大阪狭山市大野東377-2

概要

医学・医療の流れを先取りし、現代の医療現場で真に求められるヒューマンな心をもつ医師、人々に愛され信頼され、人々から尊敬される医師、つまり、「よき医師」「よき医学者」の養成をめざしている。  徹底したスモール・グループ教育を導入し、教員と学生の密度の濃い授業を展開。幅広い視野と自分で学ぶ力、医師としての心を身につけるためにテュートリアルシステムおよびクリニカルクラークシップなどの教育法を6年間のタイムスケジュールを鑑みながら計画的に配置している。これによって、課題発見・問題解決型の優れた能力やコミュニケーション能力を学生一人ひとりが日々の学びの場を通じて自然にかつ確実に修得することができる。独自で個性的なカリキュラム編成は、確立された医学体系を厳密に修得するとともに、高邁な倫理観・責任感をもつヒューマニティ溢れる人間を育てるための医学教育体系といえよう。  特色として、薬学部との連携や、レーザーを医療に導入する研究を理工学部と協力して進めるなど、総合大学としてのメリットを最大限に活かした点があげられる。また、ライフサイエンス研究所や東洋医学研究所、腫瘍免疫等研究所など優れた関連研究所との高次の連携も図られており、特定機能病院として認定された医学部附属病院、最新鋭の医療設備と高度な医療情報システムを完備した医学部奈良病院、堺市内に位置する医学部堺病院の3病院を擁し、最先端の医学・医療を学ぶための優れた環境が整っている。

教育の特色

近畿大学医学部が誕生したのは1974年。以来、6年一貫教育体系の下、高度な医学知識と医療技術を備えた医師・医学者を数多く輩出してきた。  特徴としてあげられるのは、幅広い視野と自分で学ぶ力を身につけるための「テュートリアルシステム」および「クリニカルクラークシップ(臨床実習)」をはじめとする実践的なカリキュラムだ。課題発見・問題解決型の優れた能力やコミュニケーション能力を日々の学びの場を通じて、自然かつ確実に習得でき、現場に近い学びの体系で、医療の未来を担う最新の知識や技術と、倫理観・責任感をもつヒューマニティー溢れる「良き医師」「良き医学者」としての人間性を身につけていく。  1年次は物理・化学・生物を医学的な視点からアプローチするとともに、人体に関する概論としての知識を修得する。また、早くから医師としての自覚を促すため、実際に患者と接する病院実習を実施している。2年次は、1年次後期の医学概論に引き続き、少人数グループで週2~3回の割合で実施するテュートリアルが本格的にスタート。人体構造Ⅰ・Ⅱでは解剖学実習を行い、病棟実習では看護師の業務を実体験する。3年次にはユニット・コース学習が本格化し、数多くの疾病を臨床各論として臓器・器官別に理解していく。これに伴って、テュートリアルの事例シートは、内科・外科などのより具体的なものを出題するようにシフトしていく。4年次にはさらに幅広い臨床を学習するとともに、臨床医になるうえで欠かすことのできない社会医学の知識を修得する。  5年次の臨床実習は、臨床全科にわたって医師の全ての行動に立会い、患者の了承を得た上で医行為も行うクリニカルクラークシップシステムで実施する。キャンパス内の附属病院では特定機能病院としての最新医療を、堺病院と奈良病院ではプライマリ・ケアや高度な先進医療を学ぶことができる。6年次の7月には画像集中コース、医事法学コースの講義を行う。薬学部との連携やレーザーを医療に導入する研究を理工学部と協力して進めるなど、総合大学としてのメリットを最大限に活かした点が特色だ。  2015年度から国際的に通用する医師の育成を目的とした医学部海外研修プログラム(北米コース3人程度、EUコース10人程度)がスタートした。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school