医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

大阪大学

〒565-0871 吹田市山田丘2-2

概要

緒方洪庵が開いた適塾の流れを汲む人々が創設した医学校が源という伝統ある名門で、創造性豊かな倫理観に裏付けされた考える医師・医学研究者の養成が基本理念。現在はライフサイエンスの研究分野、特に免疫と再生医療分野の領域においては世界最高水準の研究成果を挙げている。1年次から2年次前半まで豊中キャンパスで教養課程を中心に学ぶが、同時に医学科のカリキュラムも開始される。2年次の秋からは吹田キャンパスに移り、形態学、生理学、生化学など本格的な基礎医学の講義と実習が始まる。3年次では2つの特色あるプログラムを用意しており、選択必修科目ではゲノム科学や癌生物学など10の研究分野から1つを選び、チュートリアル、国際セミナー、実習などを通じて最先端の知識を身につける。また、基礎医学講座配属では4か月間基礎医学講座に配属され、独自の研究に専念する。4年次から臨床医学の講義が開始され、5年次・6年次の2年間は臨床実習に専念する。附属病院と大阪・兵庫の基幹病院を実習の場とし、実際に患者に接することで臨床医として必要な態度、知識、技術を修得する。

教育の特色

21世紀を担う人づくりと人間中心の医療を目指す医学部は、ライフサイエンスの進歩と歩調を合わせた学部の発展を見据えており、28大講座編成で分子、細胞、個体あらゆるレベルの病態解明が可能な体制を整備。「創造性豊かな高度な倫理観に裏付けられた、考える医師・医学研究者の養成」を基本理念に、広い視野と深い洞察力のある人材養成を目指している。医学科には経験豊かな臨床医、世界的な医学研究者も数多く活躍しており、基礎的な知識だけでなく、最先端の知識や技術を修得できる体制が整っている。遺伝子治療や再生医学など医療の高度化が急速に進んでおり、それとともに医学教育のカリキュラムは質・量ともに年々ふえてきている。  基礎医学では、最新のライフサイエンスに関する講義を組み込むだけでなく、遺伝子治療の体系的な講義も行っている。臨床各科のカリキュラムは、講義と附属病院での臨床実習が中心となる。日進月歩で変化する医療環境に対応するためには、さまざまな分野の実情を総合的に知ることが必要で、それに応えるために5年次にはさまざまな領域の専門家による臨床医学特論を設けている。また、環境医学実習は介護・環境被害・ストレスなど20を超すテーマを自由に選び、学外の病院や研究所などで小グループによる学習を行う。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school