医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

産業医科大学

〒807-8555 北九州市八幡西区医生ヶ丘1-1

概要

設置目的を達成するために、一般の医科大学における標準的カリキュラムに加えて本学独自の特色ある産業医学関連カリキュラムを通して最新の医学を広く教授するとともに、産業医として身につけるべき基本的知識と技術を教授している。産業医学は1年次から6年次まで系統的に行われ、産業医や産業医学に対する志向を高めていく。序論、概論、各論などの講義で知識を修得した後、5年次の産業医学現場実習を企業の産業医のもとで行い、6年次で基礎医学や臨床医学と結びついた職業性関連疾患を履修する。これらの産業医学関連カリキュラムは、卒業直後に受講する産業医学総合実習とともに産業医の資格取得に対応したカリキュラムとなっている。

教育の特色

働く人の健康と環境に医学の目でアプローチする産業医の養成をめざして設立された大学で、基本的な医学知識・技能・態度を修得し、豊かな人間性と社会的使命感を兼ね備えた産業医として活躍し得る医師及び産業医学研究者を養成することを目的としたカリキュラム編成。  1年次の臨床医学入門では医学への動機づけを図り、医学的色彩の濃い総合教育や医学基礎を履修。主として2年次・3年次で履修する基礎医学は臨床医学との関連を強化・統合した内容で、2年次では解剖学、生理学、感染・免疫学、放射線衛生学を、3年次では薬理学、病理学、衛生学、法医学を履修。3年次後期には基礎研究室配属で研究室に配属され、研究室の雰囲気、研究の何たるかを学ぶ。臨床教育は3年次・4年次で履修するが、疾病・病態を系統的に理解するための臓器別の講義ととなっている。4年次の終わりには臨床診断学において医療面接や身体診察法などの基本的かつ実際的な診察診断に関する知識を深め、臨床実習に必要な基本的臨床能力の修得をめざすことになる。5年次は小グループに分かれ、大学病院の24の診療科と診療部門で臨床実習を行う。6年次では、基礎医学と連携した統合講義や臨床実習で得た経験を踏まえて学ぶ臨床講義を受講する。産業医学は、1年次から6年次まで系統的に行われ、産業医や産業医学に対する志向を高めていく。産業医学序論、産業医学概論、産業医学各論ⅠⅡなどの講義で知識を修得した後、5年次の産業医学現場実習を企業の産業医のもとで行い、6年次では基礎医学や臨床医学と結びつけた職業性関連疾患を履修する。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school