医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

聖マリアンナ医科大学

〒216-8511 川崎市宮前区菅生2-16-1

概要

2016年度より国際認証基準に準拠したカリキュラムがスタートした。1~3年次は専門医学の関連する領域を1週間集中して学ぶブロック型と毎週連続して学ぶシリーズ型に再編し、基礎医学、臨床医学を統合した融合型カリキュラムとして解剖、生化学的な構造や働きと疾患の診断と治療を中心に学習し、基本的な医学知識を修得していく。また、特色ある初年次教育として、生物、化学、物理を医学に関連した基礎科学として学ぶ医系自然科学、講義ノートの取り方、レポートの書き方等を取り入れたアカデミックスキルズ、医療倫理や制度、医学史を学ぶ実践医学等が配当されている。マタニティクリニックや老人介護施設を見学する早期体験実習を経て、4年次後期から始まる約2年間の診療参加型実習では、指導医や研修医で構成される診療チームの一員として加わり、医療現場での思考法や実践的な技能、態度を含めた医師としての総合的な臨床能力を育成する。

教育の特色

昭和46年に東洋医科大学として創設されて以来、建学の精神として『キリスト教的人類愛に根ざした、生命の尊厳を基調とする医師としての使命感を自覚し、人類社会に奉仕する人間の育成、ならびに専門的研究の成果を人類の福祉に活かしてゆく医師の養成』を掲げ、6年間一貫教育による「グッドドクター養成カリキュラム」を採用している。1年次から始まる専門教育、コース別講義、PBLを中心とした小グループ問題解決型教育の実践、臨床実習において医療チームの一員となるクリニカル・クラークシップを導入し、教わるよりも、自ら学ぶ力の養成に重点を置いた教育を展開している。これにより個性あふれる自己形成や幅広い知識の習得が可能になっている。また、自然科学の教育をコンパクトかつ充実した内容として、専門教育の一環として組み込んでいるのも特徴。教育内容は、一般教育、基礎医学、臨床医学がほどよく調和して、6年間という時間の中で専門的知識の習得と、有機的に融合された豊かな人間性の涵養ができるように配慮している。  一般教育から専門教育に至るまできめ細かなカリキュラムを設計しており、専門教育の中心的な役割を担う疾患と症候は、1年次から循環器・消化器等のコースをスタートさせ、それぞれに必要な解剖学、生理学等をコースの中で教育し4年間でまとめるという学習スタイルを採用している。5年次には全診療科を小グループで回る臨床実習が始まる。6年次になるとこれまで学んできたことの総仕上げとして総合医学教育・コース別講義を履修する。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school