医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

横浜市立大学

〒236-0027 横浜市金沢区瀬戸22-2

概要

医学科では、医学・医療分野における課題を解決するための創造的研究を推進し、最新の医療技術を臨床現場に導入して、全人的医療を実践できる人材の養成をめざしている。教育カリキュラムを通じて地域医療の担い手となるプライマリ・ケア医をはじめとする医師に加え、生命科学、医学、医療の分野における指導的医師・研究者を養成する。カリキュラムは1年次に金沢八景キャンパスで履修する教養科目・医学基礎教育科目と、2年次以降の福浦キャンパスでの専門教育科目から成り立っており、専門教育科目は4年次までに基礎医学から社会医学、臨床医学までの講義および基礎医学実習などを履修する。臨床医学は、臨床医および医学研究者になるために必要不可欠な臨床医学の基本的重要事項について、おもに講義による授業を通して学習。4年次には基礎医学教室または臨床医学教室に一学期間所属して、医学研究を体験する。また、4年次から6年次の診療入門では、診療に関する基本知識や臓器系統を横断する症状・徴候・病態について学ぶ。臨床実習(クリニカル・クラークシップ)ではチームの一員として診療に参加し、ケース・プレゼンテーション、診療計画の立案、カルテ記載、簡単な検査などを行う。

教育の特色

患者の立場に立った医療を行い、地域医療の向上に貢献できるような医師の養成を第一の目標としたカリキュラムを用意して全人的な教育を行っている。  パスにおいて国際総合科学部の学生とともに共通教養を履修する。ここでは、将来、幅広い視野を持ち、人間性や社会性のある医師になるための基礎知識や問題発見・解決能力、学習の技能などを学ぶ。  2年次になると福浦キャンパスに移り、専門課程が始まる。まず「基礎医学総論」では、統合カリキュラムという形で従来の学体系(解剖学、生理学、細菌学、病理学など)とは異なる視点から人体に関する重要事項を学ぶ。  3年次では「臨床基礎統合Ⅰ・Ⅱ」があり、神経系、循環器系など各器官系統に沿って人体の構造や機能と各疾患について総合的に学ぶ。全部で15系統あり、基礎医学と臨床医学(内科学、外科学など)を網羅的に学ぶことができる。  4年次になると「臨床医学総論」が始まり、問題解決型学習(PBL)や実技学習を通して診断や治療について総合的に学ぶ。また、「社会医学総論」では予防医学や医学・医療と社会の接点について詳しく学ぶ。5年次・6年次のクリニカル・クラークシップでは、スチューデント・ドクターとして病棟や外来で実際に診療に参加する形で実習を行う。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school