医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

愛知学院大学

〒470-0195 日進市岩崎町阿良池12

概要

医療人としての豊かな人間性と高い倫理観を備え、薬学の科学的基礎に立脚した医薬品に関する包括的知識を持ち、さらに、医薬品の適正使用と安全性の確保、正確な医薬品情報の提供及び服薬指導などの高度で幅広い職能を有する薬剤師の養成を目指している。また、薬剤師に求められる資質や能力の高まりに呼応して、薬と人を「こころ」でつなぐリエゾン薬剤師の養成をめざしている。2年次から楠元キャンパスで基礎薬学科目・臨床薬学科目を学んだ後、5年次・6年次には臨床現場での実務実習が行われ、病院調剤部と保険薬局で実際に薬剤師の監督を受けながら薬剤師の実務を経験する。実務実習と並行して卒業研究に取り組み、科学的な視点に基づいて調査・研究を行う。

教育の特色

薬学部は建学の精神である「行学一体・報恩感謝」に基づき、正確な医薬品情報の提供及び服薬指導などの高度で幅広い職能を有する「患者を中心にした21世紀の高度先端医療に貢献できる薬剤師」の養成を目的としている。1年次には日進キャンパスで主として教養教育科目を学び、2年次から楠元キャンパスで物理系、化学系、生物系、衛生系、医療系の専門科目と実習・演習さらに薬学英語を学ぶ。専門科目は基礎系、臨床系、応用系、基礎実習、実務実習のカテゴリーを設けて体系的に科目を編成。基礎系は物理・化学・生物学を基礎として薬を理解するとともに、人体・病気の成り立ちを理解。臨床系は薬の使い方・選び方、調剤の仕方などの医療現場で必要な知識と技能・態度を修得する。応用系は実社会で薬剤師に求められる分野を理解するとともに基礎・臨床系分野の最先端を理解。基礎実習系は基礎・臨床系薬学の講義内容に沿った基礎実習を行い、知識を確かな技術へと高め、実務実習系では実務実習に先立って学内の調剤室や模擬病室で臨床実習を行い、学外の病院と薬局で臨床実習を行う。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school