医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

千葉科学大学

〒288-0025 銚子市潮見町3番地

概要

薬学科では医療薬学系の講義・実習と病院・薬局実務実習で実践的な薬剤師の養成を行い、生命薬科学科は創薬科学、化粧品科学の2コース編成で、医薬・化粧品のスペシャリストを養成する。

教育の特色

薬学部、危機管理学部、看護学部の3学部構成。薬学部では国民一人ひとりの健康の保持・増進、医療環境の一層の向上、的確な治療薬の開発、ならびに医療現場での適正医療に参加するための薬剤師養成教育と地域医療環境の向上をめざしている。  薬剤師の養成をめざす薬学科では、1~4年次において基礎薬学をはじめ、医薬品の知識、人体の仕組み、疾病や病態の理解、薬物治療法などの医療薬学系科目を講義、実習を通して学ぶ。5、6年次においては、まず模擬薬局を中心とした学内の施設において事前講義・実習を、その後外部の病院、薬局、ドラッグストアなどで延べ6か月に及ぶ実務実習を受けます。また、同時にこの5、6年次生の間に約1年間の特別実習(いわゆる卒業研究)を行い、問題解決能力の涵養をはかる。  生命薬科学科には、創薬科学コース、化粧品科学コースの2コースがあり、生命科学を基盤として、いろいろな領域の学問を学ぶことができる。創薬科学コースでは薬の科学を広く学び、製薬企業の技術者・医薬情報担当者(MR)として活躍できる人材を育成。大学院と連携して創薬研究者も育成する。化粧品科学コースは生命科学をしっかりと学んで、化粧品の生命に対する作用について、様々な点から探究。製剤技術や化合物の安定性や安全性の技術を活かして、よりよい化粧品の開発を行う人材を育成する。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school