医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

九州大学

〒812-8582 福岡市東区馬出3-1-1

概要

創薬科学科(4年制)は、くすり創りに関連する教育を強化し、社会で活躍できる職業研究者、最先端の創薬研究において国際的に活躍できる指導的研究者の養成をめざしている。3年次までは講義と実習・演習が中心の教育を行い、4年次は研究室に所属して卒業研究に取り組む。大学院への進学を前提としたカリキュラムで、大学院ではさらに進んだ専門教育を行う。臨床薬学科(6年制)は、広い視野と豊かな人間性を有し、かつ医療人としての質の高い薬剤師を養成するとともに、医療薬学の将来を担う指導者、教育者、研究者へと発展可能な人材を少数精鋭的に養成することをめざしている。5年次に5か月間にわたる病院・薬局での実務実習を行い、薬剤師としての実践能力を修得するほか、4年次には研究室に所属して卒業研究に取り組む。

教育の特色

昭和25年に九州大学医学部薬学科として発足し、昭和39年に薬学部として独立した。  創薬科学科は、創薬研究に関連する教育を強化し、社会でできる職業研究者、ならびに最先端の創薬研究において国際的に活躍できる指導的研究者の養成をめざし、臨床薬学科では、広い視野と豊かな人間性を有し、かつ医療人としての質の高い薬剤師を育成するとともに、医療薬学の将来を担う指導者、教育者や研究者へと発展可能な人材を育成することをめざしている。  創薬科学科は、大学院修士課程(2年)・博士課程(3年)への進学を前提としたカリキュラムを組んでおり、人体や病気に関する化学や生物などの基礎科目を人体・病気・薬と関連付けて学ぶ点が特色。4年の教育課程のうち3年間を基礎としての教育を行い、最後の1年間は応用的能力を養うために卒業研究を行う。卒業研究は、研究室に所属して経験豊富な教員の指導のもとで個別の最先端研究に取り組み問題解決能力の向上を図っていく。基礎教育課程の教育では、多様化・高度化する創薬科学や生命科学などに対応できる基礎的能力を修得するため、創薬科学に関連した化学系、物理系、生物系、環境系および医療系講義を受けることが義務付けられる。特色ある人材を養成するために、創薬有機化学者および創薬生命科学者を養成するコースなどを設けている。  臨床薬学科では、6年の教育課程を前期3年、後期3年として捉えている。前期では基礎的な薬学系科目を中心として、後期では医療薬学系の科目や薬剤師の職能教育に必要な実践的な薬学系科目を履修する。4年次の後期に行われる共用試験に合格した学生を対象に、5年次から6年次にかけて医療従事者としての薬剤師養成のため、また薬学生が薬剤師を体験する機会として、長期にわたる業務に参加する型の実務実習を行う。実務実習は病院と薬局における実務実習に分かれ、5か月間行われる。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school