医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

京都大学

〒606-8501 京都市左京区吉田下安達町

概要

薬科学科(4年制)と薬学科(6年制)があり、1年次・2年次は全学共通科目と専門基礎教育科目を履修。2年次では科学英語を履修するとともに専門教育の科目も履修を始める。3年次になると、薬科学科(4年制)は薬学の専門知識・実験技術を学ぶための専門教育科目を履修し、主として午前中は講義、午後は専門実習を行う。実習はすべて必修科目で、薬学のすべての専門分野に関する実験技術を修得する。4年次は主として特別実習で、希望する研究室に配属し、教員の指導・助言を受けながら特定の専門領域の新しいテーマの研究に取り組む。薬学科(6年制)は3年次に薬学の専門知識・実験技術を学ぶための専門教育科目を履修し、主として午前中は講義、午後は専門実習を行う。実習はすべて必修科目で、薬学のすべての専門分野に関する実験技術を修得する。4年次は主として午前中は講義、午後は医療薬学ワークショップを行い、医療薬学分野全体の研究領域について学ぶ。後期から特別実習が行われ、5年次には医療における薬剤師の役割と職能を理解し、薬剤業務等を学ぶため、医学部附属病院薬剤部と学外の調剤薬局で5か月間の実務実習を行う。

教育の特色

創薬科学研究者・技術者養成をめざす4年制の薬科学科(定員50人)と、高度な職能を持つ薬剤師、医療薬学研究者、技術者の養成を目指す6年制の薬学科(定員30人)がおかれる。  1年次、2年次は両学科共通で、1年次では、教養・自然系基礎科目からなる全学共通科目と専門基礎教育科目を履修する。2年次では、全学共通科目と専門基礎教育科目を履修するとともに、専門教育の科目も履修する。  薬科学科は、3年次で薬学の専門知識・実験技術を学ぶための専門教育科目を中心とした科目を履修する。大学院教育に結びつく高度な専門知識を学ぶ研究基盤教育科目も一部入ってくる。主として午前中は講義、午後は実習を行い、実習では薬学のすべての専門分野に関する実験技術を修得する。  4年次では主として特別実習を行う。学生は希望する研究室に配属され、教員の指導・助言を受けながら、特定の専門領域の新しいテーマの研究に取り組む。  いっぽう薬学科は、3年次に薬学の専門知識・実験技術を学ぶための専門教育科目を中心とした科目を履修する。主として午前中は講義、午後は実習を行い、実習では薬学のすべての専門分野に関する実験技術を修得する。4年次になると、前期は主として午前中は講義、午後は医療薬学専門演習を行う。医療薬学専門演習は主として医療薬学分野の研究室をまわり、医療薬学分野全体の研究領域について学ぶ。4年次後期から特別実習が行われ、この実習は6年次まで続く。学生が希望する医療薬学の研究室に配属され、教員の指導・助言を受けながら特定の医療薬学専門領域の新しいテーマの研究に取り組む。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school