医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

名城大学

〒468-8503 名古屋市天白区八事山150

概要

 創設以来、臨床薬剤師教育に力を入れてきたことが大きな特色で、カリキュラムには生と死、医療の担い手としての心構えといった内容の科目を配し、コミュニケーション能力だけでなく医療人としての倫理性や人間性を培っている。

教育の特色

薬学部は1954年に創立以来、さまざまな取り組みを展開してきた。大学院における臨床薬剤師教育に力を注いできたことも大きな特色である。  カリキュラムをみると、1年次には、薬学を学ぶ際の導入科目と語学および体育科目とともに、医療人に求められるヒューマニズムや医療倫理を身に付けるための体験学習を中心とした薬学入門が設けられている。1年次後期から4年次では、薬剤師として最低限身に付けておかなければならない専門薬学科目群の習得が中心になる。4年次には患者を中心とした医療における“薬の責任者”として、適切な薬物治療に貢献できる能力を養うことを目的として統合型薬学教育の薬物治療学を配置。従来の講義形式の利点と、学習効率の高い少人数自己学習法であるPBL教育を併せたハイブリット型PBL教育を通じて、学生一人ひとりに実践的な薬物療法の学びを提供している。4年次後期には医療現場で求められる専門知識・技能・態度について学ぶ「実務実習事前講義・演習」が設けられ調剤技術や接遇マナーを習得する。  5年次に病院と薬局でそれぞれ11週間(合計22週間)の実務実習を受講する。実務実習では、実際の患者に接し、医師や看護師とのチーム医療の中で、薬物治療の実際を体験し学部教育で習得した知識・技能を、医療に必要な生きた知識と確実な技能へと醸成させる。5年次の実務実習が実施されない期間中と6年次前期には、配属研究室において薬学卒業研究に取り組み、今後の薬剤師に求められる科学者としての視点と考察力を養成する。  また、5年次に実施する長期実務実習で修得した薬剤師としての知識・技能・態度の向上に加えて、臨床現場で求められる、より実践的な知識・技能・態度を身に付けるためにアドバンストコースを設置。6年次の9月末には卒業研究内容の発表会が実施され、卒業論文を作成する。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school