医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

東邦大学

〒143-8540 大田区大森西5-21-16

概要

高度な研究能力と実践能力を併せ持った薬剤師の養成に力を注ぎ、チーム医療に貢献できる薬剤師の育成をめざしている。学生一人ひとりの知識・技術と実践能力の向上を図るため、徹底した少人数制教育を展開。数名の学生に対して1名の教員がチューターとして担任のような役割を果たし、科目選択から学習方法、進路・就職相談まで学生生活のあらゆる面で指導・サポートを行っている。また、4年次秋学期から所属する研究室では、担当教員が卒業研究や就職活動について個別指導を行っている。5年次には病院実習や薬局実習で薬剤師としての実務実習を行うが、実習先の業務にスムーズに対応できるように、事前のプレ実習や学内実習によって薬剤師の業務に必要な知識や技術、態度などを身につけている。「臨床に強い薬剤師」の育成には医療の現場をよく知ることが重要になるため、大森・大橋・佐倉の付属3病院との連携をより強化し、実務実習の充実を図っているのも特色である。

教育の特色

薬学部は帝国女子医学薬学専門学校をルーツとする伝統と実績を有する名門。これまでに数多くの人材を各界に送り出してきた。教育目標は「人々の健康に責任をもつ医療薬学の担い手」を育てること。調剤中心の薬剤師だけでなく、医師・看護者とともにチーム医療に当たる臨床薬剤師の育成に大きな力を注いでいるのが大きな特色だ。医療系学部を持つ総合大学としての特色を生かし、医学部ならびに付属病院薬剤部などと学術研究活動の推進および支援体制の整備、共同研究を推進し、質の高い薬剤師育成のために常に新しい教育手法の開発と実践をめざしているのも大きな特色である。  カリキュラムは6年一貫教育を導入。1、2年次は教養科目や薬学の基礎を学び、薬学を学ぶための土台を固める。3、4年次では基礎薬学系、衛生薬学系、薬理学系、薬剤学系、医学系、医療薬学系の専門科目を幅広く履修。創薬から臨床まで多彩な専門科目を学び、薬学全体への理解を深めるとともに自らの専門領域を探っていく。5年次には病院実習や薬局実習で薬剤師としての実務実習を行うが、実習先の業務にスムーズに対応できるように、事前のプレ実習や学内実習によって薬剤師の業務に必要な知識や技術、態度などを身につける。薬学部では付属病院(大森・大橋・佐倉)との連携により、現役の病院薬剤師や臨床薬剤師が教育スタッフとして学生を指導する体制を整えている。また、カリキュラム自体も薬学部の教員と現役薬剤師が協力して構築し、あらゆる実習先に対応できる質の高い指導内容となっているため、学生は安心して実務実習に臨むことができる。実務実習では医療現場で必要なスキル、患者とのコミュニケーション能力を養い、6年次は研究室に所属し、自分で選んだテーマに沿った研究を進め、卒業論文をまとめ上げる。  薬学部では6年制カリキュラムへの移行に伴い、学生一人ひとりの知識・技術と実践能力の向上を図るため、徹底した少人数制教育を行っている。数名の学生に対して1名の教員がチューターとして6年間、担任のような役割を果たし、科目選択から学習方法、進路・就職相談まで学生生活のあらゆる面で指導・サポートを行っている。また、4年次秋学期から所属する研究室では、担当教員が卒業研究や就職活動について個別指導を行っている。  薬剤師になるためには、非常に多くの内容を学び、身につけなくてはならないため、薬学部では効果的な学びが可能となる授業・実習システムを導入している。まず、カリキュラム改訂と同時に、1時限の授業時間を70分に変更。また、作業の継続性を重視して実習は午後の3時限を通して行い、実習室と講義室は廊下をはさんだ向かい側に設置して、講義で学んだ内容をすぐに実習で確認できるようにするなど、工夫されている。さらに、学生による授業評価も実施している。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school