医系大への羅針盤 医歯薬進学

最新号/定期購読はこちら

MENU

徳島大学

〒770-8505 徳島市庄町1-78-8

概要

わが国で唯一の工学系に端を発する薬学部としてスタート。薬学科(6年制)と創製薬科学科(4年制)があり、共通教育科目、薬学基礎科目などを履修した後、3年次後期から本人の希望や成績によって学科に配属される。薬学科(6年制)は、医療人として国民の生命を守り、健康を確保するという重大な任務を負う人材を養成することを基本とし、専門的な知識・技能に加え、医療現場での実践力と人間性を併せ持ち、社会から信頼される高い資質を有する薬剤師を養成している。卒業研究を通じて柔軟な科学的思考力を育て、「研究できる薬剤師」として医療薬学の発展に寄与できる薬剤師をめざしている。創製薬科学科(4年制)は、創薬科学や生命科学の分野でわが国の将来を支えていく優れた研究者を養成するための専門基礎教育を行っている。卒業後は大学院(博士前期課程・後期課程)に進学して本格的な研究・専門教育を修得させ、製薬企業や食品・化学関連企業の研究者・技術者、研究機関の研究者、大学の教員などを養成することを目的としている。医薬創製教育研究センターは新規医薬品の創製と医薬品の副作用の探究を目的としている。

教育の特色

研究能力がある指導的薬剤師の養成を目指す6年制の薬学科(定員40人)と、創薬研究者の育成を目指す4年制の創製薬科学科(定員40人)がおかれている。  入学時から3年次までは両学科の学生全員が同じカリキュラムを履修する。1年次は主として共通科目(教養科目、外国語科目、健康スポーツ科目、基礎教育科目等)を履修し、専門科目は主として2年次、3年次に履修する。専門科目においては、「研究ができる薬剤師」「薬学を身につけた研究者」を育てる生化学、有機化学、分析化学、物理化学、臨床薬学等の専門的な内容について履修し、3年次前期終了後に希望、卒業進路、適性と成績を基にそれぞれの学科に所属する。  薬学科では半年間の病院・薬局実務実習など薬剤師になるための専門科目を学習し、さらに専門知識・技術を取得するための卒業研究を経て薬剤師国家試験に臨み、試験に合格すると研究マインドを持つ薬剤師として医療現場の第一線で活躍することになる。6年制卒業の薬剤師には薬剤師業務についての知識ばかりではなく、問題を自ら解決する能力が強く求められていることから、薬学科においても学部3年次後期に研究室に所属し、専門的な実験・研究に従事する。創製薬科学科においては3年次後期から創薬研究者になるための卒業研究が開始される。大学院薬科学教育部と直結した「4+2+3年制」を前提としており、大学院修了後は製薬企業の研究職や大学・各種研究機関の研究者として活躍するための教育がなされている。学部3年次後期からは研究室に所属し、専門的な実験・研究に専念する。

全国医歯薬大学一覧

全国の国公立大医・歯・薬大学の特徴をご覧頂けます。

  • 医学部 medical school
  • 歯学部 dental school
  • 薬学部 pharmacy school